顔が明るくなるナチュラル口紅“アムリターラ ローズアミュレットルージュ”

こんにちは
今日は、アムリターラ“ローズアミュレットルージュ”をご紹介します。
アミュレットとは厄除けや招福のこと、まさにくすみがちなお肌を 自然にぱっと明るくしてくれるお守りのような口紅です。

“最近メイクをしていても、なんだかお肌が暗いな…”と感じられる方に、とってもオススメです。

“アムリターラ ローズアミュレットルージュ”とは?

アムリターラ ローズアミュレットルージュとは、国産のオーガニックコスメブランド アムリターラが作っている唯一の口紅です。

アムリターラブランドの詳しい説明は、もう必要ないかもしれませんね…
それほど、最近では店舗てWebサイトで雑誌で幅広く紹介されていて知名度も急上昇中!国産オーガニックコスメ界のリーディングブランドです。

アムリターラが発信している製品に対するこだわりを一度知ると、商品の成分や原産地、製造方法などを細かくチェックしなくても、どれも間違いなく信頼できるだろうと思えて、安心して使えます。
※アムリターラのブランドに関するご紹介ブログはこちら

さて今回ご紹介するのはルージュ(口紅)です。

この“アムリターラ ローズアミュレットルージュ”は、多くの口紅で使われている
シリコーンオイル、鉱物油、パラベン、フェノキシエタノールなどの合成防腐剤、 合成着色料(タール色素)、タルク、合成界面活性剤、遺伝子組み換え原料、エンジ虫由来の色素(コチニール・カルミン) を一切使わずに作られているそうです。

“この聞き慣れないえんじ虫ってなんだろう・・・?”と思って、少し調べてみると、本当に昆虫の虫の一種でした。ちょっとびっくりしますね、多くの市販の口紅には、色素としてこのえんじ虫由来成分が使われており、成分表には、コチニールとか、カルミンなどと記載されています。
エンジ虫は、古代インカ帝国の時代から染料として使われていたそうなのですが、問題なのは、アレルゲンになる可能性が指摘されている点です。
赤い着色料には、今後もすこーし注意していきたいなと思いました。

戻りまして、アムリターラ ローズアミュレットルージュに使われている成分というのは、まず島根県出雲産のオーガニックローズと天然ミネラル、これらで色味が作られているようです。

さらに、ツバキ種子油、アンズ核油、アルガンオイル、オリーブスクワランなど、無農薬やオーガニックを中心とした様々な植物オイルが豊富に配合されており、唇の潤いを保護してくれています。

全成分:ツバキ種子油、ヒマシ油、キャンデリラロウ、アンズ核油、ミツロウ、ホホバ種子油、スクワラン、ヤシ油、アルガニアスピノサ核油、アロエベラ葉エキス、ハイブリッドローズ花、トコトリエノール、トコフェロール、パーム油、ダイズ油、カニナバラ果実油、パルマローザ油、ニオイテンジクアオイ油、ニュウコウジュ油、ステアリン酸、ステアリン酸Mg、マイカ、酸化亜鉛、酸化鉄

そして、こだわって、こだわり抜いて出来たルージュはなんと1色だけ!
多くのコスメブランドでは、ワンシーズンに3色ほど、多いブランドだと5色ほど新発売している中、アムリターラはシーズンに関わらず、現状1色だけなんです。

成分にこだわり、美しさにもこだわって作るとそんなにたくさんは開発できないものなのだなぁと思います。

さて肝心の色味について、公式サイトでは、ピンクよりのオレンジレッドと紹介されていますが、私の印象ではレッドよりのオレンジレッドです。
色味は塗る人によって変化するそうなんです。
元々の唇の色味が影響するのかもしれません。自分が塗ったらどんな色になるのか…ちょっとワクワクしませんか…♪個性を活かした使い方ができますね!

重ね塗りしても派手になりずぎず、どんなアイメイクにも合わせやすいのでとても気に入っています。

“アムリターラ ローズアミュレットルージュ”を使ってみた

以前は正直言って口紅が苦手でした。
どのような色を塗っても、メイクが全体的に濃く見えてしまうし、すぐに唇が乾燥してしまうし、どんなに気をつけていても多少は口の中に入ってしまうしで、ネガティブ要素だらけ…好きじゃなかったんです。

でも、30代も後半を迎えると、やはり20代、30代前半に比べると、どうしてもお肌がくすんできてしまうもの…
鏡の前でメイクをしていても、唇の血色がもう少し良くなったら顔全体の印象も
明るくなるだろうな…と思うようになりました。

そこで使ってみたのが、アムリターラローズアミュレットルージュでした。

上品でシンプルなパッケージです。

出した感じも通常の口紅と同じ、固体になっています。
ほんのり香るエッセンシャルなゼラニウムとバラの香りに癒やされます。

色味はこんな感じです。ちょっと分かりづらくてすいません。。。
口紅って写真を撮るのが難しいんですね。詳細な色味などをお伝えする撮影スキルがなくて…

ちなみに、やはりこれだけ様々なオーガニック植物オイルを配合しているだけあって保湿力は抜群です!
リップクリームのように、ぐりぐり塗るのがオススメです ♪

フラッシュ焚いて撮ってみました。

“口紅を塗ってる感”が苦手な私には、アムリターラローズアミュレットルージュの発色度合いがちょうど良いです。何度塗り重ねても濃く鳴りすぎず安心です❤

同色のグロスを重ねるとこんなさらにプルプル感がプラスされます。
(今回はMIMCのグロスを重ねてみました。)

前述させて頂いた通り、色味は人によって多少変わるようです。
私の場合は、自分の生まれつきの口紅の色を取り戻したような、 明るいレッドの色味が出ました。

公式サイトのモデルさんは、ピンク色よりのレッドになっていますね。
口コミを見ていると、人によってはオレンジ系になったりピンクベージュになる方もいらっしやるようです。

使う方の唇の色に馴染むので、グロスを重ねることで、また違った色味を出すことも可能だと思います!

“アムリターラ ローズアミュレットルージュ”をオススメする人、しない人

●オススメする人
・色付きリップと口紅の間ぐらいの発色・保湿効果をご希望の方
・オシャレで且つ身体に安全な自然派の口紅をお探しの方
・マット感より、プルプル感ののある口紅をお探しの方

●オススメしない人
・レッド系以外の色味をご希望の方
・自分の元々の唇の色が隠れるぐらいの発色がほしい方
・消費期限が数年ある口紅をご希望の方
※アムリターラローズアミュレットルージュは、合成保存料が含まれていないため開封前は2年間、開封後は半年間での使い切りを推奨しています。

“アムリターラローズアミュレットルージュ”の私個人的な評価

星5つが満点の中で
★★★★
星4つです!
かなりオススメです!!

残りの1つのマイナス点は、
1)ルージュを塗ってる感触が唇に残るのと、
2)口紅の色がグラスなどについてしまうことと、

1はたぶん、アムリターラローズアミュレットルージュだからというわけではなくただ私がルージュを塗りなれていないだけ…
2は、ルージュを塗っている以上どうしようもない…っていうお話ですw

“アムリターラ ローズアミュレットルージュ”の商品詳細

●内容量:2g
●全成分:ツバキ種子油、ヒマシ油、キャンデリラロウ、アンズ核油、ミツロウ、ホホバ種子油、スクワラン、ヤシ油、アルガニアスピノサ核油、アロエベラ葉エキス、ハイブリッドローズ花、トコトリエノール、トコフェロール、パーム油、ダイズ油、カニナバラ果実油、パルマローザ油、ニオイテンジクアオイ油、ニュウコウジュ油、ステアリン酸、ステアリン酸Mg、マイカ、酸化亜鉛、酸化鉄
●定価:3,000円+税
●商品の詳細・購入はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA