“ナチュラル思考”がその人の本来備わっている美人要素を引き出す

2017-01-11

私が実施したライフスタイル改善で最も重要視したこと、それは一言で言うと
「できる限り生活に“自然”を取り入れること」

自然な食材、コスメ、洗剤を使う、
自然なマインドを保つ
自然な生活リズムを作る
自然な人生を歩む。。。

言ってしまうと、私のライフスタイル術とはこれだけのこと。
でも、実践するとなると何かと大変で、
そして、それまで自分が如何に“不自然”にまみれていたかが分かりました。 

体調不良がきっかけで目覚めたナチュラルライフ

ハードワーク、慢性的なストレス、食生活の乱れなど、今から思い返すといつか体調を壊すことは
目に見えている生活をそれまで送っていました。
常に疲れていて眠く、帰宅すると意識を失ったようにそのままバタンキュー、
次の日も疲れが取れぬまま重い体を引きずって出勤・・・
仕事中はストレスで、常にイライラしていましたし、食事は毎日外食で済ませ、
お酒も毎日飲んでいました。。。

今振り返るとゾッとする生活です。
ただその時の自分に危機感はなく、ブレーキが壊れている状態でした。
案の定、手術と長期治療を余儀なくされるほどの大病を患ってしまいました。

治療は西洋医学に頼りながらも、自分でもできるケアの方法はないものかと調べたところ、
農薬や化学肥料に汚染されていない有機の食物を摂ること、
化学調味料や添加物を避けることが良いということ、
また、白米や精選小麦粉などの炭水化物やお砂糖が
身体に良くない影響を及ぼすことが分かりました。

さらに、目には見えない“ストレス”というものが、
実は身体にもっとも大きな負担をかけることを知りました。(今更ですが。。。)
そして、その情報を元に、病気を治すために徹底的にナチュラルライフに切り替えていきました。

すると、どうでしょう。つらい治療の一方で体調はどんどん回復していくのが分かりました。
さらに、身体の余分な贅肉が取れて、お肌も潤ってなんだか若返ったみたい。。。

「ナチュラルライフ=美容に良いこと」という方程式を発見しました。

ナチュラルライフ実践の最大の問題点、それはとにかく
手間がかかること。

しかし、言うは易く行うは難し。
徹底的にナチュラルライフを実践しようと
・食材、調味料、生活用品、化粧品を一掃し、すべてナチュラル商品に切り替えたら
→結果膨大な出費になった
・ストレスの根源となっていた仕事を辞めたら
→今後の生活をどうするか?たちまち困った。

そして何よりも大変だったのが、

・3食自分で料理したら→かなりの時間と手間
・(ナチュラルな)モノがどこででもは買えないから
→かなりの手間
・(ナチュラルな)モノが手に入らない場合自分で作らなければならないから
→かなりの時間と手間

そう、ナチュラルライフはとにかく手間のかかる生活なのです!

例えば、ドレッシング。
べての素材をオーガニックで作られているものはなかなか無く、
またあったとしても恐らく高級価格でしょう。
そうなると、サラダを作る度に毎回自分でオイルとビネガーと
その他の材料を調合するわけです。
一事が万事その調子なので、毎食毎食とても料理にとても時間がかかります。

身体に最も悪いと言われている“ストレス”を生み出し悪循環になり兼ねないわけです。

ストレスをためず、上手にナチュラルライフを実践するコツも
“ナチュラルライフ”にあり

そこで考えました。ナチュラルライフの問題点を解決する方法を。
ナチュラルライフを徹底する以上、手間をかけないという選択肢はありません。
そもそも、なぜ手間だと感じるのかを分析してみました。
手間をかけることがそんなにもイヤか?と自分に問いかけました。

分析した結果、手間をストレスに感じるのは、“生き急いでいるからだ”と気が付きました。
それまで私は、“すべてのことを、とにかく早く終わらせて、
次のこと、次のことを進めて、早く成長したい。。。”と
焦ることがクセでした。
でも何のためにそこまで急ぐのか?と考えた時、その肝心な、目的の部分が空白でした。

“私はこのまま永遠に今を未来のために過ごすのか・・・”と考えた時、
そのクセをきっぱり直し
今この瞬間を一番大事に生きようと思い直しました。

“手間をかけてドレッシングを作ることを楽しむ”

この感覚が欠けていたことが、まさに病気の原因だったと気づきました。

ナチュラルライフから見えてきた日常に溢れていた
便利の不自然さ

話はドレッシングに戻りますが、手作りドレッシングのレシピサイト見たところ
保存期間は3日とありました。
市販のドレッシングの賞味期限は半年ぐらいあります。この違いは一体何なのか?
言うまでもなく、市販のドレッシングには長期保存するための
保存料や添加物を入れているわけです。

また、準備や片付けのいらない調理済みのお惣菜はとても便利ですが
新鮮な有機食材を使って、定期的に取り替えている菜種油で上げたコロッケが
1個100円で
販売できるはずがないのです。
人件費や家賃、廃棄のことを考えると原価を抑えざるを得ない。

つまり良い素材は使えないのは当然のことと思います。

◯◯の素、カット野菜やレトルト、真っ白に洗える洗剤やサラサラになるトリートメントなど、
便
利なものは溢れていますが、その便利さの裏にあるリスクは計り知れない
と思うようになりました。

また、その結果起こる身体や美容への影響は、予め認識できるものではなく、
日々蓄積されていくものです。
現代社会において、この便利さをすべて放棄して生きることは不可能ですが
出来る限り、手間をかけてでも自然であることを大事することが、
健康で美しくあり続けるための
もっとも重要なメソッドだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA