ハーブの力でひどい乾燥も保湿できる“ヴェレダ スキンフード”

こんにちは
手元は年齢が出る部分だなぁと思うんです。
手の平や甲、指先は全体的に白くてハリや潤いがあり、その先の爪は自然に整えられていて艶があったら、それだけで若々しく見えるように思います。

そのような手を目指して、最近は季節問わずクリームでお手入れするようにしています。

今回は、口コミでも評価が高く大人気なヴェレダ“スキンフード”というクリームを使ってみたので、さっそくご紹介したいと思います。

“ヴェレダ スキンフード”に配合されているハーブとその効能とは?

ヴェレダのスキンフードは、お顔を含む全身に使えるオーガニッククリームです。
悪化した乾燥荒れにも効果的で、配合されている様々なハーブがお肌に油分と水分を与えて整えてくれます。

私のお肌も通常悪化した乾燥部分は、何を塗っても潤いやキメを取り戻せなかったのですが、このクリームだけは優しく作用して、落ち着かせてくれました。

配合されている原料のキープラントとなっているのが「ワイルドパンジー」です。
化粧品成分としては、あまり聞かない植物ですよね。人智学では。ワイルドパンジーは生息する場所の天候や土壌に、柔軟に対応できる力を持っており、そのエネルギーを使ってあらゆるお肌タイプのトラブルに対応し、整肌する力を備えているそうです。

その他には、お肌を柔らかくし神経の調整作用のあるヒマワリ種子油や、
人間の皮脂に近い組成で油分を補給してくれるラノリン
抗酸化作用があり、記憶を増強するハーブと言われるローズマリーの葉エキス
抗炎症作用や血行促進、収れん作用のあるカミツレ花エキス
やけどや傷などの修復効果があると言われているトウキンセカ花エキスなど、
実に様々な植物が配合されています。

全身に使える“ヴェレダ スキンフード”の賢い使い方

前述した通り、ヴェレダスキンフードのクリーム全身に使えますが、こっくりとした固めのクリームなので、しっかりめの保湿を必要とする時の使用をオススメ致します。

●ハンドクリームとして使う場合:ちょうど今の季節のような秋口から春先の使用がオススメです。夜は少々ベタつくほどしっかり塗って寝て、日中は3回程に分けて爪までしっかり塗り込むと潤いのある手を持続できます。

●カラダに使う場合:ボディクリームとして使うというよりは、かかとや膝、肘などごわつきやすい部分、また、特に乾燥が酷い部分に塗り込むという使い方がオススメ、お肌が柔らかくなり乾燥が和らぎます。

●顔に使う場合:私は顔に使用したことはないのですが、口コミによると、口元、目元にメイクの上からでも保湿に使えるようです。吹き出物が治ったという方もいました。一方、人によってはヒリヒリしてしまう方もいるようなので、部分的な使用を少量から試してみるのがオススメです。

“ヴェレダ スキンフード”を実際に使ってみました

30mlサイズだと持ち歩きしやすいです。


かなり固めのテクスチャーです。

自然なハーブ原料が中心なので、よく伸びるという感じはありませんが、優しくなじませていくと、気持ちよく浸透していきます。

最初はグレープフルーツのような果実の香りなのですが、徐々にローズマリーの葉や、カモミール(カミツレ花)、トウキンセンカ花などの薬草がブレンドされた自然の香りに変化していきます

塗った後も、ベタつかずサラッとしているので、日中でも使いやすいです。

爪の先までしっかり塗り込むよツヤツヤになります!

“ヴェレダ スキンフード”のGOOD&REQUESTEDポイント

●GOODポイント
全身に使えるところがこれからの季節便利!持ち歩きもしやすくプレゼントにも喜ばれると思います。
・配合されているハーブが多種多様でどれも美容効果が期待できるものばかり!あらゆるお肌トラブルに使えるクリームです!
・スキンフードという名前だけあって、余計な乳化剤や添加物が含まれていないので、身体にも安心して使えます!

●REQUESTEDポイント
・リーズナブルとは言えないお値段かなと思います。

“ヴェレダ スキンフード”の商品詳細


●内容量:30ml
●全成分:水、ヒマワリ種子油、ラノリン、アーモンド油、ミツロウ、エタノール、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-3、グリセリン、リモネン、サンシキスミレエキス、香料、加水分解ミツロウ、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、アルギニン、硫酸亜鉛
●定価:1,512円(税込)
●商品の詳細・購入はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA