いつも自分を見守ってくれてる3人の守護神(アヴァター)を知る方法

人には皆、3人の守護神(アヴァター)がついてくれているって知ってますか?
これはインドの教えの一つです。
インドには9人の神様がいて、一人一人に必要な3人の守護神がいつもその人のそばにいて見守っていてくれていると言われています。
例えば、
・面接やプレゼンなどで緊張する時
・仕事で失敗して自信を失った時
・人間関係で悩んだ時
・日常生活で疲れてしまった時
自分には守護神ついてくれている!パワーをくれている!って思えたら少し強くなったり楽になったりしませんか?
今回はご自身についてくれているのがどの神様なのか?その調べ方と、9人の神様がどのような神様なのかをご紹介したいと思います。

守護神(アヴァター)とは?

インド

インドの神様である守護神(アヴァター)は全部で9人いて、それぞれ違う姿・特長を持っています。

その人にどのような神様がついているか…というのは、一人一人の生まれ持った使命によって変わってきます。

3人のアヴァターはそれぞれ

●ミッションアヴァター →あなたの人生の生きる目的と使命を表すアヴァター

●クリアアヴァター →人生の目的と使命を果たすために、今クリアしなければならない問題を表すアヴァター

●隠れアヴァター →表には出てこないものの、背後で援護射撃をしてくれるアヴァター

となり、ミッションアヴァター>クリアアヴァター>隠れアヴァター

の順番で影響力が変わります。

自分の守護神(アヴァター)の見つけ方

アヴァターは、自分が生まれてきた生年月日、つまり数字で知ることができます。

西暦の数字を一桁になるまで足し算し続ける計算方法でその数字をはじき出すことができます。

例えば、1982年4月8日に生まれたとします。

1+9+8+2=20

2+0=2

この2が、隠れアヴァターです。

次に月日の数字を一桁になるまで足し算し続けます。

0+4+0+8=12

1+2=3

この3がクリアアヴァターです。

最後にすべての数字を一桁になるまで足し算し続けます。

1+9+8+2+0+4+0+8=32

3+2=5

この5がミッションアヴァターです。

とても簡単ですね。

しかしなぜ、生年月日がアヴァターとなるのか?

インドでは、生年月日というのは特別な意味があると言われています。

生年月日はただの数字ではなく、人はその時その場所に生まれることを選んでおり、

この生まれた時間というのは、その人の人生に大きな影響を与えるのだそうです。

9人の守護神(アヴァター)の特徴

インドの神様

それでは、1~9のアヴァターがどのような姿で、どのような力を持っているのか?

また、そのパワーが強くなり過ぎたらどうなるのか?などを具体的にご紹介していきたいと思います。

【1数のアヴァター:ブラフマー】

ブラフマー

・1数にアヴァターは、ブラフマー神です。

・1は始まりの数字、“宇宙の一切を創造した神”と言われています。

・ハムサ(呼吸を表す)と呼ばれる白鳥に乗っています。

・ブラフマーには、0から新しいものを生み出す力や革新力があり、

比較を超えた絶対的な力を持ち合わせています。

・火のエネルギーが強いです。

・一方、孤立したり、外部から理解してもらいづらいこともあります。

【2数アヴァター:サラスヴァティ】

サラスヴァティー

・2数のアヴァターは、サラスヴァティです。

・サラスヴァティは、最高の母・最高の女神とされています。

・びわという楽器をもっており、芸術性・感受性も強いです。

・包容力があり、富・名誉・幸福・食物を人に与える慈悲心にあふれています。

・水のエネルギーが強いです。

・一方、比較に流されないように気をつけること、また言霊にも気をつけることが必要です。

【3のアヴァター:インドラ】

インドラ

・3数のアヴァターは、インドラです。

・インドラが動揺する大地や、怒り狂う山々を鎮め、天を支えた武勇神と言われています。

・ダイヤモンドで出来た金剛杵(こんごうしょ)という法具を持っており、明快さや無邪気なところもも持ち合わせています。

・行動力があって、嫉妬などおはねのける力があります。

・放浪生活を送っており、人生の変化に対しても対応できる力があります。

・風のエネルギーがもっとも強く、次火のエネルギーが強いです。

・一方、寛容さを学ぶ必要があり、遊び心を忘れがちです。

【4のアヴァター:ガネーシャ】

ガネーシャ

・4数のアヴァターは、ガネーシャです。

・学問とお金の神様と言われています。

・食べ物を周りに置いているのが特長です。

・生命力が強く、安定しています。

・秩序や伝統を重んじ、約束を守り抜く力があります。

・“お金がない”と口にしないようにすることが大事です。

【5のアヴァター:ビシュヌ】

ビシュヌ

・5のアヴァターは、ビシュヌです。

・10の化神を持つ、変幻自在な神様です。

・ガルーダという、不死鳥に乗っています。

・ビシュヌは、広がり・遍満を意味します。

・空(可能性)のエネルギーが強いです。

・外部から見ると、掴みどころがなく、コミュニケーションの問題がおきやすいです。

【6のアヴァター:ミトラ】

ミトラ

・6のアヴァターはミトラです。

・ミトラは、直感力・思索力に優れた神様と言われています。

・契約や約束などをつなげる役割を持っています。

・愛、責任、受容性大事にします。

・闇を払う力があります。

・地のエネルギーが強いです。

・頭で考えて答えを出すと間違えやすいです。

・おせっかいにならないよう、注意が必要です。

【7のアヴァター:クシュリナ】

クリシュナ

・7のアヴァターはクシュリナです。

・クシュリナは、スピリチュアルな力のある神様です。

・モテる神様です。

・関係のない2つを繋げたり、その意図を見つけたりと

奇跡を起こす力があります。

・自由奔放で、独自性が強いです。

・風の力が強いです。

・孤独になることがあります。

【8のアヴァター:ラクシュミー】

ラクシュミ

・8のアヴァターは、ラクシュミーです。

・ラクシュミーは、幸運と豊穣の女神です。

・不死の霊水を持っており、アンチエイジング力があります。

・8を横にしたメビウスの輪で表現されている通り

循環する力があります。

・物や組織を創る力があります。

・光と影を持ち合わせています。

・隠し事をしても、必ず表に出てきます。

【9のアヴァター:シヴァ】

シヴァ

・9のアヴァターは、シヴァです。

・9は最後の数字、破壊の神様です。

・黒がイメージカラーで、自分のなまけ心を踏みつけています。

・創造のための破壊、終結させて明け渡す役割です。

・自己犠牲のパワーが強く、完成へと導きます。

・火のエネルギーが強いです。

・中途半端にしない、しがみつかないことが大切です。

まとめ

今回は、皆様を見守ってくれている3人の守護神(アヴァター)を調べ方と
9人の神様の特長などをご紹介しました。
自分の守護神(アヴァター)を知ることは、自分自身の内面を知ることにも繋がります。
私も自分の守護神(アヴァター)を知って“そう言えば私自身もこの神様と同じような部分ががあるなぁ”とか、“今まで気づかなかったけど、意外にも私にはこんな長所があったのか!”とか、自分を客観視するヒントになりました。
ぜひ皆様にも楽しんで調べてみてもらえると嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA