ダマスクローズの優雅な香り“Dr.ハウシュカ ボディークリーム<ローズ>”

こんにちは
ボディクリームを毎晩真面目に塗るようになってから、乾燥によるかゆみや
湿疹など、全身のお肌トラブルが一気に少なくなりました。

以前はあんなに問題だらけだったのに・・・保湿って本当に大事なんだなぁと思います。

さて、今回はおすすめ度★★★★★(マックス!)のDr.ハウシュカボディクリームをご紹介します。
高級ローズである、ダマスクローズの香り・エキスを存分に堪能できるリッチな1品なのでぜひチェックしてみてください!

“Dr.ハウシュカボディークリーム”のこだわりと期待できる美容効果

Dr.ハウシュカと言えば、ルドルフ・ハウシュカ博士が開発した、自然原料を元に開発されているオーガニックスキンケアブランドです。

お肌ピンポイントではなく、身体や心、さらには月のめぐりといった地球環境を
ホリスティックにとらえ、そのリズムや調和などを考慮することで、
自然の力で美容効果を高める、といったコンセプトを持っています。

使われている原料ははバイオダイナミック農法で栽培された植物が中心、
リズム製法などを取り入れて丁寧に作られており、
香料や着色料、保存料といった人工原料は使われていません。

Dr.ハウシュカのこだわりや使われている材料、製造工程などはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

※ボディークリーム以外のDr.ハウシュカ製品のご紹介は、ページ右に表示されている カテゴリーの「ドクター・ハウシュカ」をクリックしてみてください。

ドクターハウシュカのボディケア製品は、
 ・ボディオイル
 ・ボディクリーム
 ・ボディミルク

と3種類あり、お肌の質やその時のコンディション、季節に合わせて選ぶことができます。

Dr.ハウシュカのボディミルクについてはこちらのブログでご紹介しています。

さて、今回ご紹介するのはボディクリームです。
冬の乾燥に必要な油分と水分をバランス良く補給しながらも、ベタつかず塗ってすぐに パジャマが着られるという、一番使いやすいタイプですね。

Dr.ハウシュカのボディクリームは、アーモンド、ラベンダー&サンダルウッド、ローズ(ダマスクローズ)の3つから 選べます。

この3種類は、香りもさることながら、含まれる成分もそれぞれ変わってくるので、 お好みに合わせて選べます。
●Dr.ハウシュカ スージングボディクリーム <アーモンド>の全成分
水、ホホバ種子油、エタノール、アーモンド油、アボカド油、オリーブ果実油、クインスシードエキス、アンチリスブルネラリアエキス、アンズ核油、グリセリン、シア脂、ビターオレンジ花水、クエン酸ステアリン酸グリセリル、マカデミアナッツ油、ヒマワリ種子油、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、ヘクトライト、香料、ラウリン酸スクローズ、リゾレシチン、アルテア葉エキス、キャンデリラロウ、キサンタンガム、ヒポファエラムノイデス果実エキス

●Dr.ハウシュカ カーミングボディクリーム <ラベンダー&サンダルウッド>の全成分
水、オリーブ果実油、エタノール、マカデミアナッツ油、グリセリン、クインスシードエキス、ラベンダー花水、アボカド油、アンチリスブルネラリアエキス、アンズ核油、スギナエキス、ヒマワリ種子油、コミヤマカタバミエキス、メリッサ花/葉/茎エキス、クエン酸ステアリン酸グリセリル、香料、ヘクトライト、カカオ脂、セタノール、ステアリン酸スクロース、シア脂、キサンタンガム、トチャカエキス、ジステアリン酸スクロース、ラベンダー油、フサヌススピカツス木油

●Dr.ハウシュカ ニュートリングボディクリーム<ローズ>の全成分
水、ダマスクバラ花エキス、アーモンド油、エタノール、グリセリン、クインスシードエキス、シア脂、ホホバ種子油、リゾレシチン、セテアリルアルコール、ヘクトライト、ミツロウ、キャンデリラロウ、カカオ脂、キサンタンガム、カニナバラ果実エキス、ダマスクバラ花ロウ、プロポリスワックス、レシチン、ダマスクバラ花油、香料

“Dr.ハウシュカボディークリーム”の選び方とオススメの<ダマスクローズ>

まず、スージングボディクリームは、アーモンド油を中心に、優しい成分で作られているので無香料がお好みの方や敏感肌の方にオススメ、
カーミングボディクリームは、ラベンダーとサンダルウッドの香りが特徴的なのでストレスを取り除きたい方、リラックスしたい方にオススメです。

そして、より潤いを欲している方や、お肌のきめ細やかさを求める方には「ローズ」がオススメです。

ちなみにこちらのボディクリームに使われているローズ、ローズはローズでも、ただのローズじゃないんです。
あのクレオパトラも愛したと言われるバラの女王「ダマスクローズ」なのです。

ダマスクローズの最大の特徴は、なんといっても甘く芳醇な香りです。
それが嗅覚から脳へと巡り、 女性ホルモンのバランスを整える作用があると言われています。

また、香りだけでなく、ダマスクローズに含まれる成分そのものにもリラックス作用やお肌の弾力回復サポート力、 抗炎症作用があると言われているので、寝る前に塗るクリームとして最適ですね!

Dr.ハウシュカのボディクリームでは、ダマスクローズ花エキス、ダマスクローズ花油、ダマスクローズ花ロウとダマスクローズのあらゆる部位が配合されているので、余すところなく堪能できます。

その他、お肌に優しいアーモンド油や保湿作用のあるホホバ種子油、シアバター カカオバター、カニナバラ果実エキス、プロポリスワックスなど、様々な美容に良い 植物成分が配合されています。

私はこのローズが一番おすすめです!

“Dr.ハウシュカボディークリーム<ローズ>”を実際に使ったみた

それでは、上記でご紹介したDr.ハウシュカボディークリームのローズを写真で詳しくご紹介していきますね。

Dr.ハウシュカニュートリングボディクリームのパッケージ
Dr.ハウシュカニュートリングボディクリームのパッケージ裏
Dr.ハウシュカニュートリングボディクリームの本体

結構使ってしまった後の写真ですいません・・・・

Dr.ハウシュカニュートリングボディクリーム本体裏
Dr.ハウシュカニュートリングボディクリームのテクスチャー

クリーム自体はクリーム色のかなりしっかりしたテクスチャーです。

Dr.ハウシュカニュートリングボディクリームをお肌に塗った感じ

ダマスクローズのゴージャスな香りが、強すぎず弱すぎず、心地よく香ります。
私は元々、ローズの香りがあまり得意ではなかったのですが、このボディークリームを きっかけに好きになりました!
気持ちがほぐれて、優しい気持ちになれます。

Dr.ハウシュカニュートリングボディクリームの伸び

自然の成分だけで作られている為、伸びがすごくいいという感じではないのですが、薄めに身体全体に伸ばして塗るだけで翌朝の感じが変わり、全身とてもきめ細かなツヤのあるお肌になるんです!

Dr.ハウシュカニュートリングボディクリームがお肌に馴染んだ様子

私個人的なオススメ度は★5(マックス)!
ボディクリームの中では、5本の指に入るお気に入りの1本です!

ただ…そこそこお値段が張ってしまうのが難点…ご褒美の一品です♪

“Dr.ハウシュカボディークリーム<ローズ>”をオススメするお肌、オススメしないお肌

●オススメするお肌
・乾燥肌、混合肌、
・お肌表面のツヤやきめ細やかさが欲しい方
・優雅でうっとりした気持ちになりたい方
・女性ホルモンのバランスを整
えたい方

●オススメしないお肌
・オイリー肌、ベビー肌、真夏のお肌
・お肌に水分を補給したい方、瑞々しいお肌を目指す方
・スッキリ!やイライラ解消の香りを欲して
いる方

“Dr.ハウシュカボディークリーム<ローズ>”の商品詳細

145ml
●全成分:水、ダマスクバラ花エキス、アーモンド油、エタノール、グリセリン、クインスシードエキス、シア脂、ホホバ種子油、リゾレシチン、セテアリルアルコール、ヘクトライト、ミツロウ、キャンデリラロウ、カカオ脂、キサンタンガム、カニナバラ果実エキス、ダマスクバラ花ロウ、プロポリスワックス、レシチン、ダマスクバラ花油、香料
※香料は天然由来の精油を利用しており、リナロール、シトロネロール、ゲラニオール、リモネン、シトラール、安息香酸ベンジル、サリチル酸ベンジル、クマリン、オイゲノール、ファルネソールを含みます。
●定価:4,320円(税込)
購入はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA