国産植物の力が宿った“凜恋 シャンプー&トリートメント ユズ&ジンジャー”

凜恋のシャンプー&トリートメントは、マツモトキヨシでよく見かけていて気になっていたものの、ずっと使ってみるチャンスを逃していました。
今回偶然、商品紹介セミナーでお試しセットを頂き使ってみたところ、想像以上に良くて…オーガニック系シャンプーを初めて使う方や、まだベストなオーガニック系シャンプーが見つかっていないという方などにも、これは自信を持っておすすめできる!と思ったので、ブログでご紹介することにしました。

“凜恋シャンプー&トリートメント ユズ&ジンジャー”とは?

シャンプー選びの条件は、上げたらきりがありませんね。
オーガニック系シャンプー派の多くは、
“頭皮は、腕や足の3.5倍もあると言われているし、毎日使うものだから出来る限り身体に優しい天然素材のものを選びたい”
“でも、自然成分にこだわり過ぎて髪がごわごわしたり、きしんだりするのはいや、泡立ちが良くて洗いやすくて、乾いた後もサラサラの髪になる使いやすいシャンプーがいい”
“絶対譲れないのが香り!合成香料の匂いは苦手だから、エッセンシャルオイル作られた 毎日のシャンプーが楽しみになるような匂いのものでないと。”
“それでいて、お財布に優しい価格でないと使い続けられない…”

などといった思いがあり、結構理想が高くなっているのではないでしょうか。。。

でも、今回ご紹介する凜恋のシャンプー&トリートメントは、 まさに上記の条件をすべて満たしていると思います!

まず、成分へのこだわりが強いです。
大切な洗浄成分は、皮脂を除去しすぎず、頭皮や髪の保湿の役立つアミノ酸系を使用、また、オーガニック系シャンプーとしては、もはやフリーが必要条件のようになっている、鉱物油・シリコン・パラベン・石油系界面活性剤・合成香料・合成保存料・動物性原料は完全不使用です。

…となると、あまり泡立たなかったり、使いづらいのでは?と、オーガニック系のシャンプーを使われている方は思うかもしれません。(私も何度それでがっかりしてきたことか・・・)
しかし、凜恋は違います。泡立ちも抜群なんです!頭皮をマッサージしながら気持ち良く汚れを落とすことができます。
また、上質アミノ酸と言われている“パールエキス”が配合されているので保湿効果抜群、しっとり感も味わえるんです。

さらに、厳選された国産植物成分が10種類も配合されており、美髪作りをサポートしてくれています。(こちらについては、後ほど詳しく!)

最後に絶対に譲れないと主張した香り、ここが私が凜恋を好きな一番のポイントかもしれません。
本当に理想的な香りなんです。
きっと、使った誰もが“癒やされる…”と感じるであろう、甘酸っぱく、爽やかで、 どこか懐かしい気持ちになる柚子、そして人工的な要素が一切ない精油の香りが程よく広がるんです。

シャンプーの香りは甘い派という人も、スッキリ派という人も、
強めが好みという人も、弱めが好みという人も、
みんなが満足するよう絶妙に調整されています

そして最後は価格ですね、
なんとこれだけのこだわりを520mlのビッグボトルに詰め込んで1,850円(税抜)なんです!シャンプーもトリートメントも同じお値段です。
他のオーガニック系のシャンプーが3,000円、5,000円とする中で、 破格の金額と言えるのではないでしょうか?コスパが良すぎます!

“凜恋シャンプー&トリートメント ユズ&ジンジャー”がオススメな理由

私が凜恋をオススメする理由は、コスパが良いことだけではありません。 長い目で見ても、頭髪の美容に効果をもたらす可能性が高いと感じたからです。
きっと、5年先10年先も、凜恋のシャンプー&トリートメントを使い続けて良かったと感じることができるのではないかと思います・

凜恋には10種類の国産植物由来成分が配合されています。
商品名として記載されている柚子や生姜だけでなく、宇治茶葉、梅果実、酒粕、米ヌカ、白樺樹皮、月桃葉など、厳選された10種類の植物エキスです。

植物が本当に美容に良い影響を与えるかどうか?という点について、疑問視されている美容家の声を耳にすることもありますが、私は実体験を持って、美容効果をもたらすと考えています。

以前、大病を患った時、体質改善をしようと色々なことを試しましたが、一番効果的だったのが、自然の植物を食やコスメを通して身体に取り入れたこと
そして心の栄養となったのが、自然植物の中に身をおくことだったからです。
反対に、身体が敏感な時程、人口の添加物や化学薬品に対しての拒否反応が大きかったように思います。

また、自然植物を取り入れることで、体質改善できただけでなく、病気になる前よりお肌や髪が若返ったともよく言われるようになりました。
つまりエイジング効果も実感することができたんです。

凜恋に使われている10種類の植物が“日本で栽培されているものである”という点も大きなポイントだと思います。
凜恋を開発された代表の杉谷さんも仰っていましたが、「身土不二」「地消地産」というのは、心身の健康や美容、エイジングに大いに影響があると私も思います。

ドイツやニュージーランドでも、自然のエネルギー溢れる様々なオーガニックハーブが栽培されており、それらももちろん心身の美容に良い影響を与えると思うのですが、やはり日本という土地で先祖代々受け継がれてきた日本人のDNAには、日本の気候の中で育った植物が一番合うのではないかと思うのです。

実際私自身も、体調がよくない時ほど、故郷香川県のさぬきうどんが食べたくなるんですwとても個人的な話ですがw
身体が本能的に、幼少時から口にしているうどんの味・匂い・空気感を求めるのだと思います。
また、そういった第6感は、20代の時にはまったく感じられなかった(むしろ故郷を敬遠していました…)ので、歳を重ねる程にその影響力は強くなるのかもしれませんね。

話が脱線してしまいましたが、
そんなわけで、日本の土壌・気候・太陽の下で育てられた植物を配合して作られている凜恋は、海外のオーガニックブランドにはない、日本の女性の自ら美しくなろうとする力を呼び覚ますシャンプーであるように思います。

“凜恋シャンプー&トリートメント ユズ&ジンジャー”を使ってみた

長話はこれぐらいにして、さっそく凜恋シャンプー&トリートメントの使用感を
ご紹介していきたいと思います。

最近リニューアルされたそうです。柚子と生姜の優しい絵が素敵です。

シャンプーはこんな感じ、透明で緩めのトロ味があるテクスチャーです。
泡が増えすぎて洗いにくいのが嫌いな私は、セミロングで1.5プッシュぐらい使います。

泡立ちもしっかりしています。泡立てると柚子のナチュラルで懐かしい香りが漂います。

洗い流した後も、手の甲に潤いが残ります。しっかり洗い流すのがオススメです。

トリートメントはこんな感じ、ぽてっとしたテクスチャーです。
たっぷり塗りたくりたい私は、セミロングの髪で3プッシュぐらい使います。

こちらも、洗い流しても手の甲にしっとり感が残っているので、髪につけた時も
しっかりめに洗い流します。

“凜恋シャンプー&トリートメント ユズ&ジンジャー”をオススメする人、しない人

【オススメする人】
・オーガニック系シャンプーを初めて使う方・ベストなアイテムをお探し中の

・デイリーに使える価格帯でありながらも、より高品質なものを選びたい方
・香りの良いシャンプーを使いたい方

【オススメしない人】
・スカルプケアを重要視したい方
→凜恋には、薬用スカルプケアタイプのものもあるそうです!

“凜恋シャンプー&トリートメント ユズ&ジンジャー”の商品詳細

【シャンプー】

内容量:520ml
●全成分: 水、コカミドプロピルベタイン、ラウロイルサルコシンTEA、ラウラミドDEA、ココイルグリシンNa、ユズ果皮油、ユズ種子油、ユズ果実エキス、ショウガ根油、加水分解コンキオリン、ウメ果実エキス、コメヌカエキス、酒粕エキス、ゲットウ葉エキス、チャ葉エキス、シラカンバ樹皮エキス、ビターオレンジ果皮油、ラベンダー油、ライム油、レモン果皮油、セテアレス-60ミリスチルグリコール、ベタイン、ポリクオタニウム-10、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、エチドロン酸、クエン酸、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、エチドロン酸4Na、BG、エタノール、フェノキシエタノール
●定価:1,850円(税抜)
●購入はこちら

【トリートメント】

●内容量:520ml
●全成分:水、水添ナタネ油アルコール、グリセリン、ステアルトリモニウムブロミド、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ユズ果皮油、ユズ種子油、ショウガ根油、加水分解コンキオリン、コメ発酵液、加水分解コメエキス、豆乳発酵液、コメヌカエキス、アロエベラ葉エキス、酒粕エキス、ゲットウ葉エキス、ビターオレンジ果皮油、ラベンダー油、ライム油、レモン果皮油、オクチルドデカノール、イソプロパノール、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、ヒドロキシエチルセルロース、ステアリン酸グリセリル、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、ステアラミドプロピルジメチルアミン、BG、エタノール、フェノキシエタノール
●定価:1,850円(税抜)
●購入はこちら









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA